これだけやれば問題なし!「脚」NO.1トレーニング

下半身なんて鍛える必要ないと思っている人も多いと思いますが、下半身を鍛えるメリットは多くあるのです。ここでは下半身の筋肉、部位別オオスメNO.1のトレーニングを紹介します!

上半身だけ鍛えてても、バランスが悪いぞ!

下半身の構造

下半身は主に

お尻の筋肉

太もも前の筋肉

太もも後ろの筋肉

ふくらはぎの筋肉

に分かれています。それぞれに細かい筋肉はありますが、それも踏まえた上での筋トレメニューを紹介します。

お尻の筋肉

お尻は足を支えている筋肉です。なので、足を動かすのには必須な筋肉だと言えます。この筋肉を鍛えることで、「走しる」、「切り返す」、「跳ぶ」といったほぼ全てのスポーツ能力向上が期待されます。また、お尻を引き締めて位置が上がることで、足が長く見えるようになりますよ〜

もも前の筋肉

もも前の筋肉は鍛えることで、瞬発力が大きく向上します。蹴り出す力が強くなり、スポーツでは周りとの差を作ることごできるでしょう!

もも後ろの筋肉

もも後ろの筋肉はスポーツをする上で、かなり重要な筋肉だと言えます。中でも、「跳ぶ」、「走る」といった動きを向上させるには、鍛えておかなければいけない筋肉です。

ふくらはぎの筋肉

ふくらはぎは疲労が溜まりやすい筋肉です。その為、鍛えておくと疲れにくい足になるでしょう。また、ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれているだけあって、衰えてしまうと体全体の血液循環が悪くなってしまいます。その為にも、鍛えておきたい筋肉です。

足筋トレNO.1 「スクワット」

下半身鍛えると言ったらこれというようなトレーニングです。全ての筋肉に負荷をかける事ができる、素晴らしいトレーニングです!

トレーニング方法

1.肩幅に足を広げる 

2.腰を太ももが床と平行になるまで落とす

3.元に戻す

腰を下げる時に背中を丸めない

腰を下げる時に膝をつま先より前に出さない

素早く元に戻す

20回×3セットを目安に行いましょう。慣れてきたら、回数やセットを増やしたり、バーベルを持ちながら行ったりして、負荷を上げましょう。

引き締まったスリムな足を目指して!

コメント

タイトルとURLをコピーしました