これだけやれば問題なし!「大胸筋」おススメトレーニング3選

みんなが憧れる分厚い胸板。その大胸筋のトレーニング方法を教えるぞ!

大胸筋を鍛えるメリット

男性が憧れる分厚い胸板は、この大胸筋を鍛える事で生みだされます。大きな筋肉の為、代謝が高く、基礎代謝を上げてくれるので、大きなカロリー消費に役立ちます。その為、成果が出るのが早く、周りからの印象も良くなるでしょう。女性の方のダイエットにもおススメです!

大胸筋の細かい部位

大胸筋の細かい部位
大胸筋は

上部

下部

外側

内側

で形成されており、部位によってトレーニングの方法や意識を変えると、効果が異なります。これを理解した上でトレーニングを行いましょう。

大胸筋トレーニングオススメ3選

ここではオススメの大胸筋トレーニングを3つ紹介します。まずは自重トレーニング(器具を使わず自分の体重を使ったトレーニング)で基礎を作り、そこから器具を使ったトレーニングをする事をオススメします。

ノーマルプッシュアップ(腕立て伏せ)

自重大胸筋トレーニングの代表的なものです。
胸全体(主に外側)を鍛える事ができます。

トレーニング方法

1.肩幅くらいに腕を広げる

2.体を一直線にする

3.前を見る

4.肘を曲げながら体を下げる

5.ゆっくり元の状態に戻る

背中が丸まらないように前を見る事を心がける

キツくなってきても腰を反らない

体を限界まで下げきる

初めは10回×3セットを目安に行いましょう。慣れてきたら回数やセットを増やし、負荷を上げていくと良いです。

ナロープッシュアップ

動作はノーマルプッシュアップとほぼ同じですが、手の形に違いがあります。ノーマルプッシュアップが手を開いて行うのに対し、ナロープッシュアップは手で三角形を作って行います。こうする事で鍛えずらい胸の内側を集中的に鍛えられます

トレーニング方法

1.手と手で三角形を作る

2.体を一直線にする

3.前を見る

4.肘を曲げながら体を下げる

5.ゆっくり元の状態に戻る

背中が丸まらないように前を見る事を心がける

キツくなってきても腰を反らない

肘を曲げる時に開かないようにする

体を限界まで下げる

初めは10回×3セットを目安に行いましょう。慣れてきたら回数やセットを増やし、負荷を上げていくと良いです。

バーベルベンチプレス

大胸筋を鍛えると言ったらこれというくらいの王道なトレーニングです。胸全体を鍛える事ができ、成果が出るのも早い種目です。胸の筋トレはこれだけやれば問題ありません!

トレーニング方法

1.ベンチに横になる

2.肩甲骨を下に下ろしながら寄せる

3.肩幅より少し手を開いた所のバーベルを握る

4.バーベルをゆっくり下げる

5.バーベルを上げる

力んで肩甲骨を上げない(肩を下に下ろす感じ)

手をはの字にしてバーベルを握る(垂直に握ると、手首に負担がかかり怪我をしてしまう)

バーベルを上げる際、胸に付けた時の反動を使わない

10回×3セットを目安に行いましょう。キツくなってきても途中で重量を落とさず、回数を減らすようにしましょう。これはとても大切なことです!

大胸筋のトレーニングは自重である程度基礎をつけたら、バーベルベンチプレスを行いましょう。そうすれば徐々に筋肉は付いてきます!

男らしい分厚い体を目指そう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました